お薦め

診断結果の上手な受け止め方

「がんイコール不治の病」
「がんになれば死ぬ」

がんの治癒率が飛躍的に高まった現在でも、こんな考えは深く根付いています。
日本人の病気による死亡率1位という数字もこのイメージを強固にしていると言えるでしょう。

こんな病気ですから、ある日突然がんを告知されれば、
誰だって穏やかではいられないでしょう。
その気持ちそのものは誰にでも起こりえる自然な感情です。

大切なのはそこから。
なってしまったものは仕方がありません。
しかし、その後の行動・結果は患者本人が選ぶことができます。

がんの告知を受けた瞬間は悲観することもあるかもしれません。
しかし、それでふさぎ込んでしまえば、冷静な判断ができなくなります。
それがもとで治療が遅れてしまえば、悲観に満ちた予想通りの結果になってしまいます。
逆に治ったあとの生活にも、暗い影を落とすことになりかねません。
その瞬間は辛いかも知れません。
でもほんの少しだけでも希望を描いてみましょう。

こんな言葉があります。
「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」

悲観的な行動からは悲観的な感情しか生まれません。
逆に言えば、楽観的な行動を取れば楽観的な感情を生むこともできるのです。

家族、友人、そして医師。
がん患者は決して一人ではありません。
彼らはどんなときも患者を思ってくれます。
そんな周囲の人たちのため、そして自分のため。
あるがままの今を受け入れ、そこから歩き出してください。

また、それでも耐えられないという方には、
カウンセラーや臨床心理士と呼ばれる心のプロのサポートを受けるという選択肢もあります。
もちろん最後に立ち上がるのは患者自身ですが、
その第一歩を後押ししてくれる力強い存在です。

いかがですか?
目の前が真っ暗になるほどの出来事であっても。
もう終わりだと思っても。
まだこんなにできることがあるのです。
「もうダメだ」を口にするのは、できることが何一つなくなってからでも遅くはありません。