お薦め

家族は「第二の患者」

がんとの闘病、治療は患者にとってとても大きな負担になります。
そして、がんは時としてその家族にも大きな負担を強いることがあります。

がん患者の家族は「第二の患者」でもあるのです。
まず家族を襲うのは精神的な負担。
愛する家族が助からないかも知れない病気(実際はそうではないこともあるのですが)に、
かかったと知った時のショックは計り知れないモノがあります。
また、悲しみにくれて心を閉ざしてしまった患者本人に接し続けなければいけないことも、多大な苦しみとなるでしょう。

看護も大きな負担です。
入院中はいつ何が起るかわからないという不安を抱えて、
いつでも駆けつけられるように備え続けるのは精神的にも肉体的にも辛いことです。
少しでも一緒にいたいと思えば、仕事や家事を退院してからも、
「いつまた・・・」という不安から解消されるのには長い時間がかかります。

そして経済的な負担。
この負担は、場合によっては患者本人よりも家族に重くのしかかります。
がんの闘病記や、今もがんと戦われている方の話を聞くと、
治療の経済的な負担が大きいために抗がん剤治療を打ち切らざるを得ず、
それに対して家族が大変心を痛めたといったやるせない話が出てきます。
家族のために、進学や夢をあきらめざるを得なかったという声を聞くと、こちらまで胸が痛くなってしまいます。

つらい時にこそ家族の絆が試されるとはよく言われます。
しかし、そのつらさは想像を絶します。
そのつらさに耐えきれず、家族としての形を保てないことさえあります。

しかし、それを責めることはできません。
こんな受難はないに越したことはありません。
しかし、生きている以上誰にだってその機会はあり得ます。
そこから逃れることはできません。
しかし、その負担を少しでも軽減することはできます。
そのためには、ありきたりなようですが備えと知識が何よりも大切になります。

愛する家族といつまでも幸せにすごせるように。
そして、万が一の災難に対して最後まで家族でいられるように。
今からできることをやってみませんか?